FC2ブログ

11月最後の週末報告

 ここのところ週末の夕べは決まって「お鍋パーティ」で、ひとりぼんやりと過ごす、などということはない。昨晩は久々のXYZトリオと寄せ鍋で今晩はWさんと四川鍋。もうコタツ部屋は「宴会コタツ鍋」部屋と改名しなければならないかもしれないほどの賑わい。

 節煙宣言から今日で5日。この週末は1日1本のペースを守っている。たいして苦しいわけでもイラつくわけでもない。かえって、こんなものかと拍子抜けしているほどである。実は、そう思わせ油断させておいてから、1週間目あたりにドカンと禁断症状が出て、のたうちまわる、なんて展開になったりは、しないのだろうか…と、そのほうがよっぽど心配である。

 ランニングも順調。鍋腹(=お鍋を食べ過ぎて満腹状態)でも、4000mは問題なく走れることは、昨日・今日の試走で確認。ちなみに今日は4400m。

 あれこれと自分改造計画を実施に移し始めた11月。それも今日で終わり。明日からはいよいよ12月。世間では忙(せわ)しない師走(しわす)である。が、僕の場合何のことはない、もうとっくに走りはじめているのだ。

Comment

Re: 11月最後の週末報告

お疲れ様でした 特に書きたいこともないけど意地悪半分にとにかくソファーの座を確保しときます。

毒舌先生

最近、ソファー争いの最右翼に名を連ねるようになられた毒舌先生。
感謝しております^^。さ、負けないでくれよ、蟲くん、小斑猫くん、風の歌を聴けくん。男の争いは容赦なし、とても厳しいのである。

はじめまして

私は先生と逆に、日本にて8年間の中国人です。
中国のお鍋はおいしいでしょう???
私も食べたいですね~v-7
よかったら、私のブログも見てみてください、SHANSHANの日本生活!
http://cuteshan.blog.sohu.com/

KA SHANさん

こちらこそ、はじめまして。ご来訪、心から歓迎いたします。
shanshanさんのブログも拝見させていただきました^^
これからもどうぞよろしくね。

挨拶は割愛させていただきます

「日本国憲法」プラグインの製作者です。

コメントいただいた

「日本国憲法と世界人権宣言と、どちらがより重要か、などというのはナンセンス、ではありませんか。」

に関してまして、返答を・・・・・

これはあくまでも私見に過ぎませんが、
”日本国憲法・世界人権宣言を比較することは無意味”という見解は妥当性があるとは思います。

ただし、現状の日本社会の構成員は「日本国民」に限定されるわけではありません。
憲法は日本国民に関する権利認証・日本に居住する住民の権利認証とを分離しているものであります。
つまり、日本国民・日本に在住する住民との区分があるわけです。
これを批判するつもりはありません。

世界人権宣言の価値を尊重することを優先するのは、日本国憲法の視点を超えた国際人としての在り方を日本国民に意識してほしいからの表現です。

過去、移民日系人が移民先で苦労した歴史は現代ではほとんど伝わりません。
移民日系人の苦しみを知らずして、現在の日本国民の外国勢力の偏見的社会が跋扈していることはとても耐えがたい悲しみの継続と思っています。
(ちなみに歴史教科書で移民日系人に関する歴史を取り上げている件数は年々減少しています。
歴史上、日本人が広く世界に飛び出した歴史があります。例外的なのは江戸時代のみであり、世界各地に散らばった移民日本人の当事国での辛酸について少しは留意するべき・・・という見解で歴史教師をやってます。
移民研究もやっている立場です。

憲法は国際法の拘束性の下にあるものであり(憲法98条規定)、国際慣習・理性法・自然法の法的射程の拘束性も当然含まれるものですから、それらを尊重する趣旨にある世界人権宣言(付帯的に人権規約)に対する啓蒙・意識づけは法治主義社会として当然という見解です。

”両法とも同じく尊重されるべき”、という意味では仰る通りでしょうが、現状ではもっと広い法規範意識の要請を求めるべき・・・というのが冥王星のスタンスであります。

地球市民構想があるわけでもなく、
「可能な限り人種や民族の区別なく等しく接する努力のできる理性人でありたいし、そうであってほしい」からこその、プライオリティという見解で理解してもらいたいと思います。

だからこそ、日本国憲法よりも世界人権宣言が重要。と暴論をしたわけです。

言っておきますが、冥王星の両親は日本人です。分かる限りの家系図でも日本人です。

冥王星さま

プラグインをお借りしておきながら、私の方こそ失礼なコメントを差し上げ申し訳ありませんでした。おそらく、基本的な見解に違いはないと思いますし、同じことを異なる言説で表現しているにすぎないのかもしれませんが、ご丁寧なご返答をいただきましたので、この場で私の立場も申し開きさせていただきます。

日本国憲法における「憲法制定権力」の主体が日本国民である以上、その射程範囲は原則として、日本という国家及びその構成員である日本国民にかぎられることになります。
しかし、日本国憲法が同時に「人権の普遍性」を承認していることも明らかであり、その意味において、日本国民だけでなく日本国内の「住民」もまた憲法保障の枠内にあるわけですし、日本国憲法は世界人権宣言や人権規約等と同じ系譜の上に位置づけられます。

「憲法は国際法の拘束性の下にあるものであり(憲法98条規定)、国際慣習・理性法・自然法の法的射程の拘束性も当然含まれるものですから、それらを尊重する趣旨にある世界人権宣言(付帯的に人権規約)に対する啓蒙・意識づけは法治主義社会として当然」(太字部分)については若干の留保が必要ですが、大筋において私は冥王星さんのお考えと軌を一にしているのだと思います。

ただ、卑見では、「普通の国」「国際貢献」(これが憲法の定める「国際協調主義」と同じものという立場ではありません)などをキーワードに日本国憲法の空洞化が推し進められる中、むしろ世界人権宣言や国際人権規約を通じて、日本国憲法の重要性が再認識されるべきではないかと考えます。

日本国憲法の視点を超えた国際人ではなく、日本国憲法の視点に立った国際人であることを私は望んでいますし、日本国憲法そのものが「可能な限り人種や民族の区別なく等しく接する努力のできる理性人でありたいし、そうであ」るべきとの要請を内包していることを、私は申し上げたかったわけです。

端的には「日本国憲法よりも世界人権宣言を」ではなく「日本国憲法とともに世界人権宣言を」と申し上げればいいのかもしれません。したがって私も決して「日本国憲法・世界人権宣言を比較することは無意味」とは考えてはおりません。


いずれにせよご懇切なコメントをいただきましたことに、重ねて御礼申し上げます。なお、本ブログの性格上、冥王星さんへ直接お返事申し上げず、ここでお答えさせていただきました。どうぞお許しください。

今後とも、ご教示賜りますようお願いいたします。

いろいろな本を読んで、
へ~~ブログの背景がかわりました。
冬のロマンチックさを感じさせられます。
暖かいです。

玲子さん

12月の背景、気に入っていただけたようで、ちょっとほっとしてます^^
今月もまたよろしくね。

寄せ鍋!四川鍋!!寒い冬に湯気を立つ鍋を囲んで、喋りながらすき焼きを食べるのは超機嫌ですね。私は湖南人ですから、辛い料理が大好きです。すき焼きと言ったら、四川鍋は第一の選択ですよ。先生、学生さんたちと四川鍋を食べるなら、辛い料理に強いです?

丁寧な返答恐れ入ります。

プラグインのご利用はむしろ、立憲主義の擁護者を自称する立場としてうれしくありますので、気になさらないでいただきたく思います。

お互いの価値観を尊重できる立場であることにこそ、本当の自由があることを確認して、失礼します。

けんさん

そうか、けんさんは湖南人でしたか。それなら、きっと激辛鍋でも大丈夫なんでしょうね。僕の場合「微辣」を注文しても、ひと口目から汗が吹き出し、舌の上には炎が上がる感じがします。もちろんすごく美味しいですけどね。
 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

「日本国憲法」

日本国憲法

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新着情報

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「夢が試される場所」(12/11)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「16Daysのカウントダウン」(12/16)中国語訳が追加されました。2008-12-18 NEW

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)語注が追加されました。2008-12-18 NEW

「焼きうどん のち メランコリック」(12/17)中国語訳が追加されました。2008-12-17 NEW

「原点へ、原点から。」(12/15)語注が追加されました。2008-12-16 NEW

「夢が試される場所」(12/11)語注が追加されました。2008-12-11 

「夢の背中」(12/10)中国語訳が追加されました。2008-12-11 

プロフィール

一石亭華中

Author:一石亭華中
ようこそ、本ブログページへ。
一石亭は中国在住8年目を
迎えました。
でも中国語はまだ初歩の初歩。
趣味は「お仕事」と散歩、それに写真撮影。
あ、それからお昼寝も…趣味のうち、かも…。

YouTube今週のウタちか

凹んだとき、元気がでないとき、僕を支えてくれ、力づけてくれるウタを週替わりで紹介します。ちょっと古い歌が多いかも…ですが。今週も「ちょっと切ない歌」を。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

日本文学100選

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク