FC2ブログ

満天の星を探して

 今日の本科3年生の夜の授業は「日本語作文1」。授業の前半は先週の宿題についての講評に終始する。後半のお題は「我生活的城市(私の住んでいる町)」。いつものように話は脇道にそれ、なぜか関連語句の「おふろ」の話から「銭湯」の話題に、そして気がつくと何の関係もない夜空の話になってしまっていた。
 僕があこがれているのは、満天の星。夜空を流れる天の川を仰ぎ見ることである。高校時代に見て以来、漆黒の天空に横たわる銀河は、目を閉じなければ見ることができない光景になってしまった。もちろん武漢では、どんなに天気のよい日でも、僕の今の視力では星はほんの数えるほどしか見ることができない。
 ということで、ふと思いついて学生に質問。
「今でも故郷で、天の川を見ることができる人いますかー?」
 …イター!ただし彼女のふるさとは、武漢からバスでウン時間…。鉄道は通ってない、らしい。
 ああ、もう満天の星に再会するには、気が遠くなるほど長いバスの旅にお尻を痛めながら行くしかないのだ。
 でも行ってみたい。来年の夏休み、みなさん修学旅行しませんか、彼女のふるさとまで。

 授業のあと、暗闇の運動場のトラックを走る。夜空には小さな星が二つ瞬いていた。

 ちなみに、今日はインターバルなしで4000mを走って、気分よく宿舎に戻ってこれました。これからコーヒーを飲んで、ちょっと休憩タイム。そのあとシャワーを浴びて、もう一仕事、の予定。
 
 ということで、今日もまた、可も不可もなき、平凡ゆえに幸せな一日として過ぎていきます。


【中国語訳1】 (translated by タヌキさん)

今晚3年级学生的课是《日语写作1》。前半节课主要围绕上周布置的作业进行讲评,后半节课的主题是《我生活的城市》。一如往常,讲到一半又开始离题万里。之所以这样说,是因为起先的话头是“洗澡”,再到“澡堂”,可后来等我再意识到的时候,话题已经扯到毫无关系的夜空上去了。
我一直非常憧憬满天的星星、喜欢仰望横挂夜空的银河。自从高中时代见过以后,漆天空中悬挂的银河现在已经变成了闭上眼睛才能够看得到的光景了。在武汉亦是如此,无论多好的天气,以我现在的视力,只能看见廖廖数颗星星罢了。
就这样,我突然想到了一个问题,于是就向学生问道:
“现在还有谁在家乡可以看见银河?”
其中有一个学生给出了肯定的答案,可是,她的老家距离武汉……火车不通,坐汽车需要很长时间。
唉!一想到必须忍受长途汽车跋涉所带来的颠簸之苦才能够再次看到满天的星星,我差点晕倒。
可是,可是,我还是想去看一看。明年暑假,大家要不要去她家乡休学旅行呢?

下课后绕着漆操场上的跑道慢跑。夜空中只有两颗小小的星星闪烁着。

顺便说一句,今天没有间断一口气跑完了4000米,心情舒畅地回到了宿舍。接下来打算先稍作休息,喝上一杯咖啡,然后洗澡继续工作。

就这样,我度过了不好不坏、平平淡淡而幸福的一天。


【中国語訳2】 (translated by 匿名さん)


  去寻觅满天繁星(意訳)
今晚上的是本科3年级的日语作文课。课的前半段给大家讲评了一下上一周的作业。后半段是关于本周的作文题-《我生活的城市》。结果又恶习不改的跑题了。从关联语句的“泡澡”这个词讲到“澡堂”,不知怎么的,等回过神来的时候话题已经变成风马牛不相及的“夜空”了。
我所向往的,是满天繁星,是仰望一望无际的银河。那横亘于漆場

Comment

Re: 満天の星を探して

幸せに感じるその上の幸せが無いもんですよね。満天の星を数えるのはなんか落ち着くような気分ですね。シャワーを浴びるのは幸せなことですよね。(僕らよりはね)明日もそれにあさってもこれからも幸せに過ごすように

蟲くん

蟲くんの明日と、明後日と、明々後日とその先にも幸せが届きますように!

Re: 満天の星を探して

2001年の獅子座のメテオ•レインを思い出した。
深夜2時ごろ、友達と約束して、こっそり家から出て、
流れ星に願いをかけるのに、ずっと
夜空を仰いで流れ星の来るのはまっていました。
ようやく流れ星は銀色の尾を引っ張って漆黒の夜空をキラキラかすめたが、
あまりに速いため、何もしなかった。
懐かしい~~
2001年の獅子座のメテオ•レインは大変話題になりました。先生その時は
どんな様子でしたか。^^
ところで、日本では小学生たちに
プラネタリウムを見に行かせるそうですね。


Re: 満天の星を探して

小さいごろはおばのいえにいったことがあります。田舎にあるのだから、夜になると星がたくさん見えます。
その銀色の川のような夜景が、一生でも忘れられないのです。

獅子座の流れ星も見損ねました。残念でしようがない~

銀河の代わりに、焼けの赤さが武漢にある独特な夜景になっています。そして寂しい月がついてあります。

まあ~
最後に、「ムーンライト伝説」をさせていただきます。
(「星」が多いv-283)


ごめんね、素直じゃなくて、
夢の中ならいえる。
思考回路はショート寸前、
今すぐ会いたいよ。
泣きたくなるようなムーンライト、
電話もできない、midnight。
だって純情どうしよう、
ハートは万華鏡。
月の光に導かれ、
何度も巡り合う。
星座の瞬き数え、
占う恋の行方。
同じ地球(くに)に生まれたの、
ミラクルロマンス。
もう一度二人で、weekend、
神様叶えて、happyend。
げんざい、かこ、みらいも、
あなたに首っ丈。
出会ったさだ、懐かしい
まなざし わすれない
幾千万の星から
あなたを見つけられる
偶然もチャンスに換える
生き方が好きよ
不思議な奇跡クロスして
何度も巡り合う
星座の瞬き数え
占う恋の行方
同じ地球(くに)に生まれたの
ミラクル·ロマンス
信(しん)じているの
ミラクル·ロマンス

Re: 満天の星を探して

 小学校のとき、夏の夜、満天の星をよく見えました。本当にきれいでした。^^今は、家にいる時間が少ないですから、またそのきれいな星を見えるかどうか分かりません。
 特に、十五夜の夜、一家団欒で庭に食べたり、楽しく話したり、空を満月と星を見たりしました。でも、これは数年前のことでした。懐かしかったんですね。

Re: 満天の星を探して

今に住んでいるところに来たばかりの時、一番気に入ったのは、夜空のきらきら輝いている星でした。そんな綺麗な星空を見たのはもう何年か何十年ぶりでした。何か悩みがあったら、その星空を見ると気持ちはすぐよくなります。そのお蔭で、この家からよく離れた所で、楽しい毎日を送っています。

Re: 満天の星を探して

語注

• 単語
1  天の川[あま‐の‐がわ]〈名〉(中国の伝説に、牽牛星[けん-ぎゅう-せい]と織女星[しょく-じょ-せい]とがこの河を渡って、7月7日に出逢うという)銀河の異称。 /银河
2  仰ぎ見る[あお‐ぎ‐み‐る]〈他一〉上の方に顔を向けて見る。見上げる。 /仰视,仰望
3  横たわる[よこ‐たわる]〈自五〉大きなものが横に伸びるようにして存在する。 /横亘
4  暗闇[くら‐やみ]〈名〉まったく光がないこと。また、そのところ。 /漆飼(一团),飼暗,漆飼
5  トラック[track]〈名〉陸上競技場の競走路 /跑道
6  インターバル[interval]〈名〉休止期間。間隔。 / 间隔,停歇
7  一仕事[ひと‐し‐ごと]〈名〉ちょっと仕事すること。 
8  ゆえに〈接〉したがって。こういう理由で /因为……所以


• 慣用句
1  気が遠くなる[き‐が‐とお‐く‐なる] 意識が薄れて、ぼうっとなる。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 満天の星を探して

先生のブログを読んで、いつも朗らかな感じがあります。やっぱり先生に従ってただ知識を学ぶことではなく、先生の人生に対する態度も勉強すべきです。

玲子さん

獅子座流星雨のことですね。あの時は一度見ただけかなあ。
僕はプラネタリウムに行ったことはありませんが、小学生たちは課外授業で行くのかな。

月野小斑猫さん

セーラームーンはうちの娘が小学校時代に完全に「なりきって」ましたが…君もか…。

自由の翼さん

思い出と結びついた星空。本当に思い出すだけで懐かしいですよね、気持ち分かります。^^

Re: 満天の星を探して

 満天星と言う名のフラワーがあり、日本語では霧草と呼ばれているようですが、一番好きなお花の一つです。
 学生時代 夏休みはいつも田舎に帰り、両親の野良仕事を手伝っていました。父と晩酌をして夕食を食べ、石造りの家の平らな屋根に上り涼を取っていました。昼間夏の日に晒されていた屋根がまだ気持ち良いほどに温かかったです。その上にシーツを敷き 体を投げ出して寝転び、夏の夜のきれいな星空に思いを馳せていたものです。
 先般短期研修で日本に行って来ました。研修のプログラムにはホームステーが組み込まれていました。ホストファミリーのご主人の案内で生まれて初めてプラネタリウムを見ました。コンパクトな映画館みたいな感じで天井がドームと言うか、天幕になってました。両サイドに設置されているプラネタリウムが天幕に星空を映し、宮沢賢治の銀河鉄道の夜のナレーションと相まって美しい童話の世界を演出してくれました。肉眼では到底見ることの出来ない美しい星空にうっとりと見とれていました。すっかり感動を覚えました。一生の思い出になりました。
 座席はリクライン式で体重が100kgを超えるご主人は睡魔に襲われ、鼾をかいて寝ていました。真っ暗な静まり返っていた映画館にその鼾が綺麗に響き渡っていましたので、周りの人に偉いご迷惑だったようです。
係りの女の子から、お友達を叩き起こしてくださいと優しく言われました。一度呼び起こしましたが、またすぐ鼾をかき出してしまいました。決まりが悪かったのですが、どうしようもありませんでした。
 その後 お礼のメールを入れたらすぐご主人から返事をいただきました。映画館で失態を演じて申し訳ございませんでした と。

ひまわりさん

星がきれいに見えるところなんですね。いいなあ、うらやましい。
僕もまたいつかそういうところに住んでみたいです。

今さん

ありがとうございます。そんなふうに言っていただけるなんて、光栄です。

毒舌先生

かつて本物の「満天の星」を見たという思いが、僕の足をプラネタリウムから遠ざけてきました。けれど、近ごろではプラネタリウムもいいかもしれないなあ、と思いはじめています。のんびりとリクライニングの椅子に座って星空を眺めたら、あるいは僕だってお知り合いのように爆睡してしまうかもしれません。そういうリラックス効果って、ありますよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 満天の星を探して

星は感じのいいもので、文学と芸術の上によく使われています。天の川も同様。世間の人が死んだ後、天空にかかる星になると言う説が広く知られています。自分が死んでも、星になって愛する人をずっと見守りたい、いいなあ。

Re: 満天の星を探して

先生:私の故郷もよく星が見えます。夏休みの時、夜は周りみな静かになったから、私はベッドで好きな歌手の音楽を聴きながら、子供のように星を数えます。そして虫の囁いた音を聞こえました。気分がすごく良くなりました。ああ、夏休みに戻りたいなあ。v-8

風の歌を聴けさん

星になって愛する人を見守る、か。うーん、ロマンチックなお話だなあ。

拾柒。さん

僕は、そういう場所に住んでみたいんです。ああ、憧れるなあぁ~^^

Re: 満天の星を探して

天 の 川 、 満 天 の 星 、 美 し いで す ね 。 先 生 は い つ も 生 活 の 中 の 些 細 な こ と に 感 動 で き る か ら こ そ 、 平 凡 な 毎 日 か ら 、 い つ も 幸 せ に 触 れ ま す で し ょ う 。 楊 逸 さ ん は 土 踏 ま ず か ら 感 動 で き る よ う に 、 先 生 も き っ と こ れ か ら も ず っ と や さ し い 心 を も っ て 、 中 国 で の 生 活 か ら 幸 せ を 味 わ え て い く と 信 じ て い ま す 。 v-34

えくぼさん

幸せというのは、何気ない毎日のさりげない出来事の後ろにそっと隠れているものだと僕は思います。そういう日々のカクレンボを楽しめるようになれたのも、武漢生活からの一つの贈物であったと感謝している最近の僕です。

しばらく先生のブログのコメントをしませんでしたね。この間、試験週ですが、ブログを読むことは毎日続いてきました。今月の中旬ぐらい試験が終わったから、みなはネット費を払いません。だから、私は先生のブログの内容をコピーして、読んで、新しい単語を暗記します。今まで、十一月のブログの内容を大体読んで切れました。先生の気持ちがわかってきたかもしれません。
へへ先輩から、先生の具合はよくなりなした。これは何によりよいことですね。へへ 
 ところで、先日は武漢の初雪は降りました芽、小さいですから、地面に着くと,溶けました。今年、武漢の冬は去年より、暖かいですね。


 (この返事をしないでお願いします)
 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

「日本国憲法」

日本国憲法

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着情報

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「夢が試される場所」(12/11)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「16Daysのカウントダウン」(12/16)中国語訳が追加されました。2008-12-18 NEW

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)語注が追加されました。2008-12-18 NEW

「焼きうどん のち メランコリック」(12/17)中国語訳が追加されました。2008-12-17 NEW

「原点へ、原点から。」(12/15)語注が追加されました。2008-12-16 NEW

「夢が試される場所」(12/11)語注が追加されました。2008-12-11 

「夢の背中」(12/10)中国語訳が追加されました。2008-12-11 

プロフィール

一石亭華中

Author:一石亭華中
ようこそ、本ブログページへ。
一石亭は中国在住8年目を
迎えました。
でも中国語はまだ初歩の初歩。
趣味は「お仕事」と散歩、それに写真撮影。
あ、それからお昼寝も…趣味のうち、かも…。

YouTube今週のウタちか

凹んだとき、元気がでないとき、僕を支えてくれ、力づけてくれるウタを週替わりで紹介します。ちょっと古い歌が多いかも…ですが。今週も「ちょっと切ない歌」を。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

日本文学100選

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク