FC2ブログ

引越しの話(2)甲子園の青い空

 父親の転勤先であった、兵庫、大阪、奈良、和歌山、徳島には、それぞれに夏の記憶が僕の心に鮮明に残っている。というのも、僕が父母のもとに帰省するのはせいぜい年に一度か二度、盆と正月ぐらいのものだったからだ。それにしてはなぜ、正月に結びつくような記憶を僕が持たないのか、そこのところは自分でもよくわからない。とにかく、僕の胸に焼き付いているのは、照りつける真夏の日差しであり、地面にくっきりと映る自分の黒い影であり、さまよい歩き続ける僕の目に映る見慣れぬ町の風景であった。
 兵庫では、阪神電鉄「甲子園駅」から歩いて20分ほどの公務員宿舎が僕の夏の「帰省先」となった。ちょうどその年の夏の高校野球は、大阪代表のPL高校と山口代表の宇部商業が決勝戦で激突することになった。のちにプロ野球で活躍する桑田(巨人)、清原(西武)を擁するPL高校は前評判も高く、順当に決勝に駒を進めていた。対する宇部商は、いく度かの手に汗握るような接戦を制してようやく勝ち上がってきたのだった。ふるさと山口の代表が勝ち残っていることもあって、僕は決勝まで連日自宅から歩いて10分ほどの甲子園球場に通いつめた。よく冷えたビールをクーラーボックスに詰めて、外野席に陣取り、かっと照りつける太陽の下でビールを飲みながら白球の行方を目で追った。
 決勝戦は思わぬ接戦にもつれ込み、先行する宇部商を優勝候補筆頭のPLが追う展開となった。僕は息を飲み、そしてふと我にかえっては乾いた喉をビールでうるおす、といった感じで、試合の行方を追った。が、地力で勝るPLは清原の2発のホームランで逆転し、粘る宇部商を突き放してゲームは終了。
 「ゲームセット」を告げる主審の右手が空に向かって伸びた。僕は、球場に流れる大会歌「栄冠は君に輝く」に身を任せながら、西に傾きかけた夏の太陽と澄みきった青い空をいつまでもぼんやりと眺め続けた。


 たまに高校野球の中継を目にすると、ただ酔っぱらいさまよい続けるだけで、自分自身が何を本当にやりたいのかさえよく分かってはいなかったあの頃の僕自身の姿を、ふと思い浮かべることがあるのだ、今でも。

 


 


【語注】 (written by 悠子さん)

焼き付く:烧粘在一起 (在心里)留下深刻的印象 铭刻
帰省:归省 回家(探亲)
順当(じゅんとう):1理当 理应 理所当然  2正常
駒(こま)を進める:次の段階へ進む!
手に汗握る:危険な場面や緊迫した場面を見てはらはらするさま 手に汗握る。
通いつめる:同じ場所に熱心に何度も通う。
クーラーボックス(cooler box):冷放箱
照りつける:毒晒 暴晒
行方(ゆくえ):1行くべき方向 行くべき目当てのところ 2行った方向  3これから行く先 将来 前途  (去向 目的地 下落 行踪)
我(われ)にかえる:1意識を取り戻す 気が付く 蘇生する 2 興奮がさめる
潤(うるお)す:1润 弄湿 2 使受惠
ホームラン:还垒球 本垒打 全垒打
逆転(ぎゃくてん):1反转 倒转 逆转
2倒过来 反过来 倒退 恶化
突き放しす:1 推开 2 甩开 撇开 抛弃
ゲームセット:(体育)比赛结束



【中国語訳】 (translated by チンさん)

搬家的故事(2)甲子园的蔚蓝的天空

父亲调职去过的兵库,大阪,奈良,和歌山和岛,关于这些地方的夏天的记忆都鲜明的残留在我的心里。因为我省亲回父母的住处一年最多也就一两次,在盂兰盆节或者正月这样的日子才回。但是为什么我没有与正月有关记忆呢?关于这一点我自己也弄不清楚。总之,铭刻于我心中的是仲夏日里那毒晒的太阳光,鲜明的倒映在地上的自己的影子,以及映入彷徨步行的我的眼睛里那不熟悉的城市风景。
在兵库县,从阪神电铁的“甲子园站”步行20分钟左右就到了公务员宿舍,那就是我夏天的“省亲地点”(探亲地点)。刚好那年夏天的高中棒球比赛,代表大阪的PL高中和代表山口的宇部商业在决赛中打得难舍难分。拥有以专业棒球选手活跃着的桑田(巨人)和清园(西武)的PL高中前期评价很高,后来顺利晋级决赛。与此相对的宇部商业,好几次在和对方短兵相接中战胜了对方,着实让人手心捏了把汗。因为家乡山口县代表队也取得了决赛权,所以在决赛结束前,连续几天我都从家里步行10分钟左右去甲子园球场。我经常在冷藏箱里塞上冰镇啤酒,“扎营”于外场席位,在烈日炎炎之下一边喝着啤酒,目光一边追随着白球的去向。
没想到决赛胜负难分。最有希望的冠军获得者PL开始追占领先地位的宇部商业了。我屏住呼吸,追随着比赛的进展。我觉得偶尔用啤酒润一下干渴的喉咙才能感觉到自我。然而,凭借实力胜利的PL因为清园的2发本垒打而扭转战局,甩掉了一直黏着不放的宇部商业而结束了比赛。
告知比赛结束的主裁判的右手伸向了天空。我一边放任自己沉浸在漂扬赛场的会歌当中,一边像往常一样茫然的眺望着仲夏西沉的斜阳和清蔚蓝的天空。
偶尔看到高中棒球赛的转播,就会忽然浮想起那个时候自己的身影。那个时候的我,只不过醉醺醺的彷徨着,连自己真正想做什么都不知道。就是现在也还经常想起那个时候的我。

Comment

Re: 引越しの話(2)甲子園の青い空

へへ、先生は最近よく若い頃の話ばかりしていますね。

ひまわりさん

あんなおぢいさんが作ったのかと思ふなかれ君らの声を歌にしたまで
               土岐善麿『遠隣集』(1951年)所収

 昔の話を繰り返しするようになったら、年をとった証拠、とよく言われます。でも僕としては、今のみなさんと同世代だった頃の自分のことを書いたら、みなさんがどんなふうに感じてくれるかに、興味があります。決して年寄りの茶飲み話ってわけじゃない(と断言できるほどの自信もないけど…うーむ)んですけど…どうでしょうか。しくしく。

Re: 引越しの話(2)甲子園の青い空

野球ですか。
テレビでCCTVの中継を見たことがありますが、野球の規則はぜんぜん分かれません。

IQのせいだな~~

引越しの経験は一度いかありません。やはり猫は「旅行タイプ」ではありませんね。
「他人のことは自分と関係なく、ただ自分の家をつくってほしい」との感じですよね。
インターネットを自分の爪として、要るものはそのまま手に入るとの~~

ところで、「昔のこと」といったら、なんだか論理のある文で表せないのです。
ですから、これをさせていただきますね。

日に向かって歩くと、
光の在り処が分かれる。
振り返ると、
「カゲ」だけ見える。
ただ、
「カゲ」の存在と認めるだけに、
光のありがたさが分かれる。

ちょっと、まあ~~
(夜になると私は自分が変になると思います。)

月野小斑猫さん

とてもいい詩ですね。終わりの2行にもうひと工夫があれば、もっと完成度の高い詩になりそうな…^^。

Re: 引越しの話(2)甲子園の青い空

すみませんね。迷惑をかけてしまいました。
今日はゴシックのビデオをyoutubeでなんほん見ました。
ちょっと、こころはくらくなります。

月野小斑猫さん

なんのなんの、全然迷惑などかかっていません^^
夜はやっぱり、マイナー・モードに変わってしまいますか?

Re: 引越しの話(2)甲子園の青い空

焼き付く:烧粘在一起 (在心里)留下深刻的印象 铭刻
帰省:归省 回家(探亲)
順当(じゅんとう):1理当 理应 理所当然
2正常
駒(こま)を進める:次の段階へ進む!

手に汗握る:危険な場面や緊迫した場面を見てはらはらするさま 手に汗握る。
通いつめる:同じ場所に熱心に何度も通う。
クーラーボックス(cooler box):冷放箱
照りつける:毒晒 暴晒
行方(ゆくえ):1行くべき方向 行くべき目当てのところ 2行った方向  3これから行く先 将来 前途  (去向 目的地 下落 行踪)
我(われ)にかえる:1意識を取り戻す 気が付く 蘇生する 2 興奮がさめる
潤(うるお)す:1润 弄湿 2 使受惠
ホームラン:还垒球 本垒打 全垒打
逆転(ぎゃくてん):1反转 倒转 逆转
2倒过来 反过来 倒退 恶化
突き放しす:1 推开 2 甩开 撇开 抛弃

ゲームセット:(体育)比赛结束

先生 いつも引越して 何度もせっかく出来た友達と離れました!残念でしたよね!環境も変わりました!いつも環境に慣れる覚悟をきめらなければなりませんでした!先生 大変でしたよね!

Re: 引越しの話(2)甲子園の青い空

中学生の時安達充の「タッチ」を見たあと、野球に興味を持っていました。
出局、ヒット、全塁打、はは~~^^専門用語が少し覚えています。
一番印象されるのは甲子園という場所でした。その時まだ分からなかったのは
どうして甲子園は多くの高校生投手の目標なのでしょうか。(いまもう分かるけど)
今でも、野球選手の姿をみると何とか格好いいと思います。

   あっ それに、先生、ランニング頑張ってください。~~

Re: 引越しの話(2)甲子園の青い空

「先生と親は医者、友達と兄弟は看護士」という見地があります。

私は
悩みがあると、
自分が勝手に先生を煩わして、診察してもらってしまいます。
先生を無断に「利用」する嫌いがあります。

それがご迷惑だと思います。

Re: 引越しの話(2)甲子園の青い空

 先生、大変だ、今日は変な夢が見た。今日の昼寝のことなんだ。
 この夢の中に私は勇ましい猫一匹飼っていた。彼は家族を持っていて、毎日楽しい生活を送っていた。でも、そんな楽しい日はあの日までだった。ある何も見えない夜の日、風まで強く吹いてきた。あるすさまじい妖怪が来て、彼の家を壊して、子供まで殺した。
 そして、ある日、彼は私と相談した。彼を妖怪のところに連れて、このいやらしい妖怪と決闘して家族のために仇を討って行ってって言った。そして、私は彼を抱いて妖怪のところまで送った、そして、彼と妖怪を激しく戦った......
 次の朝、私だけ帰った、彼はどこに行っちゃたは全然知らない、あの妖怪も行方不明になった。生きるのか死んだのか、知らなかった。そして、家に着いた、母と姉は庭に座っていた、隣は生まればかりの子猫一匹がこの太陽の日差しを浴びながら寝ていた、猫ママは壁の土台に横になって......あの小さな猫は、あの夜のとき、猫パパに銜えられて命を助かったそうだった。
 誰かにドアをノックされて私が夢から覚められた。
 どうしてこんな夢を見たのか、今日は何も起こらなかった、猫も見なかった、そして、どうしてこの猫は妖怪と闘わなければならないのか、自分も分らない。
 そして、すぐルームメートに教えて、ここに先生にも話したい。笑わないでくださいますようにv-8

悠子さん

語注コメント、ありがとう。でも、友達はどこに行っても友達です。
だから大丈夫。^^

玲子さん

ありがとう。ランニングがんばってます…って、まだ3日目だけどさ、へへへ。

月野小斑猫さん

遠慮せず、いつでもご利用ください。僕はそのためにいるんですから^^

Re: 引越しの話(2)甲子園の青い空

何を書けばいいか分からないから、とりあえず 読みました。先生もなかなかいい青春を送りましたね。ところで、僕はサッカーが好きです。はい、以上です。

破布さん

ふーん、何か妙な夢ですね。フロイトならどう「夢診断」するんでしょうね?

Re: 引越しの話(2)甲子園の青い空

ありがとうございます。

寝るとします。

おやすみなさい。いい夢を祈ります。

風の歌を聴けさん

僕も小学校時代はスポーツ少年団でサッカーをやってました。すごく下手なDFでしたけど…。

Re: 引越しの話(2)甲子園の青い空

私にとって野球の思い出といえば「東京六大学野球」と「プロ野球」です。母校の試合のある週末は神宮球場にて観戦→新宿コマ劇前直行でした。(新宿コマ劇前に集まって何をするかは皆さん想像してみてください!)。優勝したとき提灯行列に参加し、その時ばかりは明治通りを我が物顔に闊歩した記憶があります。
また、関東にはいくつものプロ野球の球団があり、「ジャイアンツ」は無論のこと、「千葉ロッテマリーンズ」も大好きでした。
野球を実際にするのは苦手ですが、観るのは大好きです。
中国ではバスケットをしている人は見かけますが、キャッチボールは全く見かけません。
中国も今年からアジアシリーズに中国棒球協会(CBA)の優勝チームが出場し、記念すべき一勝をあげているので、皆さん野球にも、是非是非注目して欲しいものです。

東東さん

コメントありがとうございました。「伝統の一戦」といえば、プロ野球の巨人・阪神戦か大学のWK戦を指すぐらいですからね。僕は「巨人の星」を見て育った世代ですので、野球への思い入れは、それなりに深くならざるを得ません。
学生のみなさんには、僕たちのこんなローカル(=日本的)な会話は理解に苦しかもしれませんね。が、これも勉強のうち、と思ってくれると、うれしいな。

Re: 引越しの話(2)甲子園の青い空

野球といえば、なんか多い世界のものという感じが浮かんできました。野球のルールがさっぱりわからないんです。やっぱり先生の話には「ビール」という言葉がよく出てくるんですね。今日もジョギングを続けましょう。

蟲 くん

「なんか多い世界」は「遠い」の入力ミスですね^^。 あ、僕の文章ってそんなにビールの話題が多かったっけ?ばれたか…。はい、今日もがんばって走ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

野球のことはぜんぜん分かりません。特に規則についてのことです。野球の面白さ、私も味わいたいです。

付付さん

機会があれば、いつでもお教えしてさしあげますよ^^
 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

「日本国憲法」

日本国憲法

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新着情報

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「夢が試される場所」(12/11)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「16Daysのカウントダウン」(12/16)中国語訳が追加されました。2008-12-18 NEW

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)語注が追加されました。2008-12-18 NEW

「焼きうどん のち メランコリック」(12/17)中国語訳が追加されました。2008-12-17 NEW

「原点へ、原点から。」(12/15)語注が追加されました。2008-12-16 NEW

「夢が試される場所」(12/11)語注が追加されました。2008-12-11 

「夢の背中」(12/10)中国語訳が追加されました。2008-12-11 

プロフィール

一石亭華中

Author:一石亭華中
ようこそ、本ブログページへ。
一石亭は中国在住8年目を
迎えました。
でも中国語はまだ初歩の初歩。
趣味は「お仕事」と散歩、それに写真撮影。
あ、それからお昼寝も…趣味のうち、かも…。

YouTube今週のウタちか

凹んだとき、元気がでないとき、僕を支えてくれ、力づけてくれるウタを週替わりで紹介します。ちょっと古い歌が多いかも…ですが。今週も「ちょっと切ない歌」を。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

日本文学100選

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク