FC2ブログ

書くこと―何かがそこにはじまり、そこに終わる

 僕はかつて文章を書くのがとても「苦手」だった。
 以前は、頭の中にあるイメージを文章にしようとしたとたん、似ても似つかぬものになったり、書きたいと思う「真実」から、どんどんかけ離れてしまったり…。そのたびに僕はペンを放り出したい気持ちになったし、実際それらの多くは机の引出しの奥深くに放り込まれたまま日の目を見ることなく朽ち果てていった。たとえば何か素晴らしいアイデアを思いついてペンを握っても、たいていはほんの1、2行書き進んだところで、僕は先ほどまでのきらめくようなアイデアのいちばん肝心な部分を指の隙間から取り逃がしてしまっていることに気づく。それは、まるで意地悪な魔法使いに、手に触れた宝石がすべて土くれに変わっていく呪いをかけられているようなものだった。そして「僕は最後まで何かを仕上げることができないタイプの人間なのだ」と、かなりやりきれない思いにとらわれたものだ。そういう苛立ちに似た気持ちは、今も僕の胸の底に淀んでいる。いまだに、文章を書くのは実にしんどい作業だと思う。
 それでも、今の僕には、何かを書きたい、何かを伝えたい、という思いの方が、少しだけ強くなったのかもしれない。いつから、何をきっかけに、そんなふうに僕の心境に変化が生じたのかは、自分でもよくわからない。ひょっとするとこれまでに味わってきたもろもろの喜怒哀楽の記憶が心に降り積もって自然とあふれ出してくるようになったのかもしれないし、時間というものが書くことに臆病な僕の背中を押してくれているのかもしれない(要するに、歳を重ねるにつれて図々しくなっただけのことかもしれない、ということ)…。
 とにかく書くことから始めよう、すべてはそこに始まり、そこに終わる――そう考えながら、今日も僕はパソコンの画面に向かっている。

 みなさんも―どんなささやかなことでもいい、と僕は思う―まずは書いてみることだ。すべては、そこから始まる…。

付け足しのつぶやき:

この文章は「新・海辺の街のお話」(第4回)に寄せられた悠子さんのコメントに対する返事に加筆・修正したものです。つまり、このような文章の「育て方」もある、ということ…。

【語注】 (written by たまちゃん+タヌキさん)

単語:
1、どんどん:①、副詞。続けざまに。/接连不断地、一个劲儿地。
2、かけ離れる(かけはなれる):⑤◎、自一。遠く離れる、遠く隔たる。/相差很远、相差悬殊。
3、放り出す(ほうりだす):④、他五。途中でやめてしまう。/(中途)放开、丢弃。
4、放り込む(ほうりこむ):④、他五。投げて中に入れる。/投入、扔进去。
5、朽ち果てる(くちはてる):④、他一。世に知られないままなくしてしまう。/埋没。
6、きらめく:③、自五。きらきら光り輝く。/闪耀、闪闪发光。
7、意地悪(いじわる):③、名詞、形動。わざと人を困らせたりいじめたりすること。/刁难、使坏、作弄。
8、魔法使い(まほうつかい):⑤、名詞。魔法を行うこと。また、その人/施法、施法人。
9、土くれ(つちくれ):◎④、名詞。土のかたまり。/土块
10、呪い(まじない):◎③、名詞。神仏その他の不思議なものの威力を借りて、災いや病気などを起こしたり、また除いたりする術。/符咒。咒语。
11、苛立ち(いらだち):◎④、名詞。思うようにならず気持ちがいらいらすること。/焦躁、焦虑。
12、淀む(よどむ):②、自五。そこに沈(しず)んでたまる。/沉淀、沉积。
13、いまだに:◎、副詞。今になってもやはり、いまだ。/尚、还、仍然。
14、実に:②①、副詞。まことに、非常に。/确实、的确、实在。
15、しんどい:③、形容詞。ひどく疲れた、骨が折れて苦しい。/费劲的、吃力的。
16、ひょっとすると:◎、副詞。もしかしたら、ひょっとしたら。/也许、或许、说不定。
17、味わう(あじわう):◎、他五。身にしみて体験する。体験する。/体验、经历。
18、もろもろ:◎、名詞。多くのもの、さまざまなもの。/诸多、种种、许许多多。
19、喜怒哀楽(きどあいらく):①、名詞。さまざまな感情、喜びと怒り(いかり)と悲しみと楽しみ。/喜怒哀乐。
20、降り積もる(ふりつもる):④◎③、自五。雪などが降って積もる。/(雪等)下后积起来。
21、臆病(おくびょう):③②、名詞、形動。ちょっとしたことにもびくびくするようす。/怯懦、胆怯、发怵。
22、図々しい(ずうずうしい):⑤③、形容詞。恥を知らない。/无耻的、厚脸皮的。
23、とにかく:①、副詞。いずれにしても、ともかく。/不管怎样、无论如何、反正。
24、ささやか:②、形動。細かいこと、小さいようす。/小的、细小的、零碎的。

慣用句:
25、似ても似つかない:まったく似ていない。/一点儿也不像、毫无共同之处。
26、日の目を見る:それまで埋もれていたものが世に知られるようになる。/问世、公布于世。

表現:
27、~(た)とたんに:接在动词た形后面,表示“前项动作、变化发生后,马上又发生后项新的动作、变化”的意思,可译为“刚……”。

28、~たびに:接在名词或动词基本形后面,相当于“~とき、いつも/毎回~する”,强调反复发生,可译为“每次……”、“……总是……”。

29、~(た)まま:接在动词た形后面时,表示“某动作、作用完了之后,同一状态一直持续着的”意思,可译为“一直没……”、“原封不动”、“仍旧……”。

30、~(た)ところで:接在动词た形后面时,表示“即使成为那样,也得不到所期待的结果”的意思,后项多是表示否定形判断或价值的表达形式,可译为“即使也……不(没)……”。

31、~をきっかけに:接在名词后面,表示“以某事为契机、机会、线索”的意思,可译为“以……为契机”、“借……机会”。

Comment

Re: 書くこと―何かがそこにはじまり、そこに終わる

翻訳実践(第2回)を完成したばかり、
、ブログにもどったら、新しい文章が出ました。
今度はまたソファーです。ははは~~
今回の翻訳は短いですが、
いくつかの名詞に悩んで、その同時に早く完成しようと思って、
その二つは頭の中に喧嘩していました。苦しいです。><
諦めるかと思ったこともあります。
最後はなとなく完成しました。
先生の言うとうり「まずは書いてみることだ。すべては、そこから始まる…。」
 少しずつの努力を重ね、質的な飛躍になれると思います。

玲子さん

ふかふかのソファーにようこそ^^
その積み重ねが飛躍を生みます。
がんばりましょうね。

Re: 書くこと―何かがそこにはじまり、そこに終わる

書くことが難しい、書き続けるのはもっと難しいです。思いついた話題を進められない時は気持ち悪いし、あきらめがちだし。飛躍を生むまでにどんなに工夫を重ねなければならないんでしょうね。ペンを執るのを怖いがるような人たちにとって、書くのはどんなにつらいことでしょう。
はは、なんか僕の話にはまとまりがないようですね。ここまで書いて、初めの当てが外れてしまったんです。

蟲くん

本当に自分で書いている文章なのに、言葉ってなかなかこちらの思い通りにはならないですよね。まるでじゃじゃ馬のようでしょう?何とかそれを手なずけてしまおう、というのが、このブログの狙いのひとつです。蟲くんも、苦労してるみたいだけど、この苦労が、あとあと役に立ちます。がんばりましょう。

Re: 書くこと―何かがそこにはじまり、そこに終わる

蟲さんが言った「書くことが難しい、書き続けるのはもっと難しいです。」という話に大賛成です。先生が毎日ブログに文章を書くとは、実にすごいだと思います。

会说话的椰子さん

僕のはたんなる「書き過ぎ症候群」…と言っておきましょう^^

Re: 書くこと―何かがそこにはじまり、そこに終わる

苦手「にがて」:得意でないこと
似ても似つかぬ:全然似ていない。好不相似,一点儿也不想。
かけ離れる:相違が大きく、大きな差がある。相差甚远
放り出す「ほうりだす」:手に持った物を捨てるように逃げ出す。丢开
引出し「ひきだし」抽屉
放り込む:無造作に入れる。扔进去,抛进去
日の目:日の光、日光がもたらす明るさ。阳光。
朽ち果てる「くちはてる」:すっかり腐って形がくずれてしまう。
煌く「きらめく」光り輝く、きらきらする。闪烁,闪耀
隙間「すきま」物と物との間の開いている所。
意地悪「いじわる」:わざと人を困らせたりつらくあたったりすること。捉弄
土くれ:土地などの小さい塊。
呪い「のろい」:呪詛、呪うこと。
仕上げる「しあげる」:物事を完成させる。
苛立つ「いらだつ」:思い通りにならなくて落ち着かない。いらいらする。
淀む「よどむ」:沈殿する
しんどい;『しんど』の形容詞化。主に関西地本で用いる.骨が折れる。つらい。
ひょっとすると;もしかすると。
もろもろ:多くのもの,いろいろのもの、さまざまのもの。
臆病「おくびょう」:気が弱く,些細なことをも怖がって,びくびくすること。
図図しい:ずうずうしい厚脸皮

たまちゃん

いつも語注コメントありがとう。
ところで、これからは語注を統一するため、11月8日付ブログ日記「アフタヌーン・ティを君と」の語注にならって、作っていただけますか。お手数をおかけしますが、よろしくね。

Re: 書くこと―何かがそこにはじまり、そこに終わる

はい、分かりました。喜んでします。調べ、それから書くことはわたしにとってとても楽しいことですよ。

Re: 書くこと―何かがそこにはじまり、そこに終わる

へへ
  若いときの先生も 書こうとしたときに書けないようになったことがあったそうだね。でも こっちは 皮肉の意味ではない、ただ 先生も私たちと同じだと感じている。よかったね!
  今 日本語を専門としての私たちにとっては 知識の輸入はたくさん行っているけど、輸出はね、足りないと思う。それにしたがって、日本語という言語を使うことに いまだに 不自然で不流暢にといわれているね。
  輸出は大切で、書くことは輸出の一つとして 同様に大切だった。先生のプログは こういう練習のいい方法だね。これからもがんばります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

クルマさん

そういうことですね。一緒に頑張りましょう、…って、なんか最近「がんばろうね」ばっかり言ってるような気がするなあ。僕も、もうちょっとボキャブラリー増やさないと、いけないな^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 書くこと―何かがそこにはじまり、そこに終わる

若い時は、特に中学校、高校の時には、私は文章を書くのが得意でした。先生方からよく褒められました。その時は毎日のように日記をつけたり、作文を書いたりして、書きたいことがいっぱいありました。自分でもわからないですが、何時からか、そういう情熱が無くしてしまいました。歳を重ねるのにつれて、私を感動させることが少なくなってきました。生活への情熱が減っているかもしれないと自分はそう考えています。周りの物事がまるで自分には無関係な存在のようです。つまり自分が麻痺状態に落ちってしましました。こういう状態がとても危険だというのは自分がよくわかっていますが、なかなか変えることができませんでした。まず自分から進んで積極的にそういう状態を変えようとは思っていませんでした。でも、最近はよく先生のブログを読んだり、コメントを書いたり、翻訳実践をもチャレンジしてみて、楽しかったという感じが自分に戻ってきたよう気がします。もし、これから、長い間置きっぱなしのペンを執って、何か自分が書きたいことを書き続くようになったら、それは時間というものが私の背中を押してくれたのではありません。押してくれたのは先生の生活への情熱なのです。今は、先生への感激でお腹がいっぱいです。

ひまわりさん

ありがとう。これからも一緒にがんばっていきましょう。
ところで、今日のひまわりさんのコメントでいちばん気に入ったのは、感謝で「胸がいっぱい」でなく「お腹がいっぱい」になった、というところです^^
まさに、「腹が減っては戦(いくさ)にならぬ」。
僕もまずはお腹を満たして、授業に取り組むことにしましょう。

Re: 書くこと―何かがそこにはじまり、そこに終わる

へへ、実は「胸がいっぱい」を「腹がいっぱい」に間違ってしまいました。

ひまわりさん

はは、どうやらそのようですね。気にしない、気にしない^^
 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

「日本国憲法」

日本国憲法

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着情報

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「夢が試される場所」(12/11)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「16Daysのカウントダウン」(12/16)中国語訳が追加されました。2008-12-18 NEW

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)語注が追加されました。2008-12-18 NEW

「焼きうどん のち メランコリック」(12/17)中国語訳が追加されました。2008-12-17 NEW

「原点へ、原点から。」(12/15)語注が追加されました。2008-12-16 NEW

「夢が試される場所」(12/11)語注が追加されました。2008-12-11 

「夢の背中」(12/10)中国語訳が追加されました。2008-12-11 

プロフィール

一石亭華中

Author:一石亭華中
ようこそ、本ブログページへ。
一石亭は中国在住8年目を
迎えました。
でも中国語はまだ初歩の初歩。
趣味は「お仕事」と散歩、それに写真撮影。
あ、それからお昼寝も…趣味のうち、かも…。

YouTube今週のウタちか

凹んだとき、元気がでないとき、僕を支えてくれ、力づけてくれるウタを週替わりで紹介します。ちょっと古い歌が多いかも…ですが。今週も「ちょっと切ない歌」を。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

日本文学100選

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク