FC2ブログ

新・海辺の街のお話(第4回)

 建て直しが決まっているという古ぼけた(1)空港ビルを出ると、

「先輩、こっち」と言って、シンシンは僕の30kg近くはあろうかという大きなスーツケース(2)をもぎ取り(3)、道路を渡ろうとした。

「いいよ、そんな重い荷物。僕が自分で持つから」

「そういうわけにはいきませんよ。」シンシンは決然とした口調で言った。「いくら先輩だって、今日からはうちの『老師』なんですからね、一応は。」

 そう言ったあとで、シンシンはいたずら(4)っぽく笑うと、その小さな体のどこにそんな力が潜んでいるのかと思えるほど、軽々と僕の荷物を引っ張っていった。いい大人の男が女の子に荷物を運ばせるなんて全然さまにならない(5)んだけどな、とぶつぶつ(6)言いながら、それでも僕は彼女にしたがうしかなかった。

 入乡随俗(ルーシャンスイスー)―郷に入れば郷に従え―。

 駐車場にはいかにも高級車といった感じのトヨタの黒塗りセダン(7)が僕らを待っていた。大学の公用車らしく、外事処が気を使ってわざわざ僕のために回してくれたのだ、とシンシンは言った。残念なことに、僕には、車種は分からない。たとえ教えてもらっても、僕はクルマについて何の知識も持ちあわせていない(8)ので、たぶん高級フランス料理店のタルタルステーキ(9)を目の前に置かれて戸惑って(10)いる草食動物のような顔をして「ふーん」と間の抜けた返事をするしかなかっただろう。僕がクルマにどれほど興味を持っていないかは、運転免許すら持っていない、という事実を挙げれば、少しわかってもらえるだろうか。日本の成人男性で車の免許がないということは、心身経歴のどこかに決定的かつ反社会的な欠格(11)事由がある、と宣言しているようなものかもしれない。それほどに運転免許保有率の高い国なのだ。だから役場などで身分証明書の提示を求められ、「運転免許証でもいいですよ」と言われた時なんて、「ない」と答えるのには、腹を空かせた熊の前に飛び出すほどの勇気がいる。もちろん、僕にはそのような欠格事由があるわけではないけれど、「お持ちではないんですか?」とあからさま(12)に怪訝(13)そうな、あるいは胡散臭そうな(14)表情をしてこちらを見上げる職員には、いつものこととはいえうんざり(15)させられたものだった…。

 運転手は、シンシンからスーツケースを受け取ると、少しその重さにたじろぎ(16)ながらも両腕で持ち上げ、トランク(17)に詰め込んだ。

 「さ、行きましょう」シンシンは後部座席に僕を押し込むと、自分は助手席に座り、運転手に「お願いします」と言った。セダンは、工事中であちこち掘り返された道を巧みに縫いながら土ぼこり(18)を上げて疾走(19)しはじめた。

 大学までの40分間の道のりを、僕とシンシンは、彼女の留学時代の話をバックミラー(20)越しに思いつくままに語り合った。たまに一緒に食べに行ったラーメン屋だとかイタリア料理店(僕もシンシンも麺類には本当に目がなかった)が今どうなってるとか、共通の友人がどうしているとか、あるいはお互いの近況についてとか…エトセトラ・エトセトラ(21)

 ふと何かを思いついたかのように、シンシンは体をねじるようにして僕を振り返り、

「瀬川さんは、お元気ですか?」と、声の底にある種の緊張感をこめて聞いた。

 瀬川というのは僕の同期で、当時は僕よりはるかにシンシンと親しかった。瀬川には当時、付き合っている女の子がいたが、そのことで彼ら二人とシンシンとの間でちょっとしたごたごたがあった。そして、そのことがきっかけで、僕自身がその関係に巻きこまれることになり、彼女の帰国後は事態はいっそう複雑なものになってしまった。もっともそのことはシンシンには何の責任もなかったし、帰国後のシンシンには知る由もなかったけれど…。



この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは何らの関係もありません。

 
【これまでのお話】

 第3回 2008年10月27日

 第2回 2008年10月18日

 第1回 2008年10月13日

【語注】 (written by 悠子さん)

1 古ぼけた:变陈旧 破旧 又旧又脏
2 スーツケース:旅行用のかばん 旅行用的手提式的衣箱
3 もぎ取る:1ねじるようにして取る。2強引に奪い取る。
4 いたずら:1淘气 恶作剧 2玩笑 闹着玩 消遣 3摆弄 玩弄 4 (男女)胡搞
5 さまにならない:格好が付かない 
6 ぶつぶつ:1小声でつぶやくさま 2不平不満などを大っぴらでな言うさま  3小さな穴や突起がたくさんあるさま。粒たっているさま。4ちいさなあわをだしながらにたったり湧き出たりするさま。
7 セダン:轿式汽车 轿车
8 持ちあわせる:现在持有 随身带有
9 タルタルステーキ:肉料理の一つ。細く挽いた牛肉に塩胡椒をし、玉ねぎぱせるなどの薬味を加え、オリーブ油、生の卵黄を入れてペースト状に練ったもの。
10 戸惑う:1找不着(地方) 徘徊 2 不知所措 犹豫不决
11 欠格:必要な資格を持たないこと。
12 あからさま:1隠さず、ありのまま外に表すさま 明白なさま 露骨なさま 2にわかなさま 急なさま 3 きわめて短い時間であるさま 一時的なさま
13 怪訝(けげん):訳がわからなくて、変だと思うさま、不思議そうにするさま
14 胡散臭(うさんくさ)い:形迹可疑,奇怪,蹊跷。
    例えば:
     1)胡散臭い男:形迹可疑的男人。
     2)この事件には少し胡散臭い点がある。:这件事情有些蹊跷
15 うんざり:すっかり飽きていやになるさま。

16 たじろぐ:1退缩 畏缩 后退 倒退 2蹒跚
17 トランク:1旅行用の大型で長方形のかばん
     2(乗車用の)荷物室 荷物入れ
18 土ぼこり:尘土 尘埃
19 疾走(しっそう):きわめて速く走ること。
20 バックミラー(back mirror)后视镜
21 エトセトラ:以下に列挙すべき語を省略する場合に用いる。……等等……など そのほかいろいろ。

Comment

Re: 新・海辺の街のお話(第4回)

前の三回はどこに載せるの?はじめから読みたいなあ

浅水湾湾&游离漫漫さん

ありがとうございます。
第4回のお話の終りに、これまでのお話の公開日時を載せておきました。
これからもよろしくお願いします。

Re: 新・海辺の街のお話(第4回)

古ぼけた:变陈旧 破旧 又旧又脏
スーツケース:旅行用のかばん 旅行用的手提式的衣箱
もぎ取る:1ねじるようにして取る。2強引に奪い取る。
いたずら:1淘气 恶作剧 2玩笑 闹着玩 消遣 3摆弄 玩弄 4 (男女)胡搞
さまにならない:格好が付かない 
ぶつぶつ:1小声でつぶやくさま 2不平不満などを大っぴらでな言うさま  3小さな穴や突起がたくさんあるさま。粒たっているさま。4ちいさなあわをだしながらにたったり湧き出たりするさま。
セダン:轿式汽车 轿车
持ちあわせる:现在持有 随身带有
タルタルステーキ:肉料理の一つ。細く挽いた牛肉に塩胡椒をし、玉ねぎぱせるなどの薬味を加え、オリーブ油、生の卵黄を入れてペースト状に練ったもの。
戸惑う:1找不着(地方) 徘徊 2 不知所措 犹豫不决
欠格:必要な資格を持たないこと。
あからさま:1隠さず、ありのまま外に表すさま 明白なさま 露骨なさま 2にわかなさま 急なさま 3 きわめて短い時間であるさま 一時的なさま
怪訝(けげん):訳がわからなくて、変だと思うさま、不思議そうにするさま
胡散臭(うさんくさ)い:形迹可疑,奇怪,蹊跷。
例えば:
1)胡散臭い男:形迹可疑的男人。
2)この事件には少し胡散臭い点がある。:这件事情有些蹊跷
うんざり:すっかり飽きていやになるさま。

たじろぐ:1退缩 畏缩 后退 倒退 2蹒跚
トランク:1旅行用の大型で長方形のかばん
     2(乗車用の)荷物室 荷物入れ
土ぼこり:尘土 尘埃
疾走(しっそう):きわめて速く走ること。
バックミラー(back mirror)后视镜
エトセトラ:以下に列挙すべき語を省略する場合に用いる。……等等……など そのほかいろいろ。
振り返る:1体をねじるようにして後ろを見る。2過去mのことを考える。また回顧する。
先生 すごいですよね 何回のフィクションを書かれました!私は作文なんて苦手です。高校生の時代、作文を書かせられるときは私の一番苦しいときでしたよ。恥ずかしいです!

悠子さん

実は僕も以前は文章を書くのがとても「苦手」でした。
頭の中にあるイメージを文章にしようとしたとたん、似ても似つかぬものになったり、書きたいと思う「真実」から、どんどんかけ離れてしまったり…僕はすぐにペンを放り出してしまったものです。まるで手に触れた宝石がすべて土くれに変わっていくよう泣気さえしました。悠子さんの気持ちも同じじゃないでしょうか?そして、そういう苛立ちに似た気持ちは、今も僕の胸の底に淀んでいます。
 それでも、今の僕は、何かを書きたい、何かを伝えたい、という思いの方が、もっと強くなったのかもしれません。とにかく書くことから始めよう、すべてはそこに始まり、そこに終わる――そう考えながら、今日もパソコンの画面に向かっています。
 悠子さんも、どんなささやかなことでもいいですから、まず書いてみること。すべては、そこから始まる…。
 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

「日本国憲法」

日本国憲法

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新着情報

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「夢が試される場所」(12/11)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「16Daysのカウントダウン」(12/16)中国語訳が追加されました。2008-12-18 NEW

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)語注が追加されました。2008-12-18 NEW

「焼きうどん のち メランコリック」(12/17)中国語訳が追加されました。2008-12-17 NEW

「原点へ、原点から。」(12/15)語注が追加されました。2008-12-16 NEW

「夢が試される場所」(12/11)語注が追加されました。2008-12-11 

「夢の背中」(12/10)中国語訳が追加されました。2008-12-11 

プロフィール

一石亭華中

Author:一石亭華中
ようこそ、本ブログページへ。
一石亭は中国在住8年目を
迎えました。
でも中国語はまだ初歩の初歩。
趣味は「お仕事」と散歩、それに写真撮影。
あ、それからお昼寝も…趣味のうち、かも…。

YouTube今週のウタちか

凹んだとき、元気がでないとき、僕を支えてくれ、力づけてくれるウタを週替わりで紹介します。ちょっと古い歌が多いかも…ですが。今週も「ちょっと切ない歌」を。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

日本文学100選

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク