FC2ブログ

「書く」という営みについて?

 「書く」という営みについて。

 毎日(とまでは言えないにしても、ほぼそれに近い形で)、こうしてパソコンに向かって、僕は何かを書こうとしている。自然と指先がキーボードを叩いて文章が画面上に刻みこまれていくこともあるし、全然と言っていいほど書くべき最初の言葉が出てこないこともある。今日も、書きたいと思っていることはあれこれとあったはずなんだけれど、いざ椅子に座ってパソコンと向き合ってみると、何かを書こうとする気分が盛り上がってこないで、思わず頭を掻いてしまった。

 そうしてしばらく画面をぼんやりと見つめたあとで、キッチンへ行って冷蔵庫から冷たいブドウを取り出して、さっと水洗いしてもぐもぐと食べる。そしてまたパソコンの前に…。それでも気分は乗ってこない。う~む。今度は、コーヒーを淹れてまた画面とにらめっこ。それでも言葉は出てこない。やれやれ、僕は今日いったい何を書きたかったんだろう。カップに残ったほんのわずかなコーヒーを飲み干すと、僕はまたポリポリと頭を掻く。気がつくと、僕はまるで落ちつきもなくして、部屋のあちこちを歩きまわっては、また机の前に戻ってくる、そんな動作の繰り返し。まるで動物園の猿。ついでに体重計に乗って重さを量ってみたりして…。

 つまり「書く」という営みは、それなりにかなりナイーブな作業なのかもしれない、ということなのだ。書きたいという思いと話題があって、気分も体調も、それにぴったりと合わせて盛り上がってこなければ、いくらうろうろと歩きまわって頭を掻いてみても、どうにもならないことだってあるんだよね、確かに。

 そいうことって、「書く」という作業だけでなく、他のいろいろなことにも言えるような気もする、たぶん。こんな時は、書くのをあきらめて、さっさとシャワーを浴びて、ベッドにもぐりこむ方が、よっぼど利口なのかもしれない…。

 そんなふうに感じることって、あなたにも、ありませんか?

(とか何とか言いながら、結局、取るに足りない言い訳だけで、それなりの分量を書いてしまった。「ま、いいかー」と呟きながら、僕はもうすっかりシャワーに向かう気分になってるんだよね、これが。)

スポンサーサイト



HOME

「日本国憲法」

日本国憲法

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

新着情報

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「夢が試される場所」(12/11)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「16Daysのカウントダウン」(12/16)中国語訳が追加されました。2008-12-18 NEW

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)語注が追加されました。2008-12-18 NEW

「焼きうどん のち メランコリック」(12/17)中国語訳が追加されました。2008-12-17 NEW

「原点へ、原点から。」(12/15)語注が追加されました。2008-12-16 NEW

「夢が試される場所」(12/11)語注が追加されました。2008-12-11 

「夢の背中」(12/10)中国語訳が追加されました。2008-12-11 

プロフィール

一石亭華中

Author:一石亭華中
ようこそ、本ブログページへ。
一石亭は中国在住8年目を
迎えました。
でも中国語はまだ初歩の初歩。
趣味は「お仕事」と散歩、それに写真撮影。
あ、それからお昼寝も…趣味のうち、かも…。

YouTube今週のウタちか

凹んだとき、元気がでないとき、僕を支えてくれ、力づけてくれるウタを週替わりで紹介します。ちょっと古い歌が多いかも…ですが。今週も「ちょっと切ない歌」を。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

日本文学100選

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク