FC2ブログ

引越しのお話

 昨日のふるさと話の続きです。

 数えてみたら、僕はこれまで8回の引っ越しを経験している。山口時代に1回。高校卒業と同時に父親の転勤で広島へ。翌年、進学のため上京し、目白の高台にある寮に入った(今でも、この寮の近況を知らせる新聞が僕のところにもせっせと届けられています。本当に律儀な寮なんですね、ある意味)。ここで過ごした4年間は、健全な学園生活を送っている中国人学生であるみなさんの模範となるものでは決してない(?)ですから、ここでは詳しい説明を省きます。一言でいえば「精神的綱渡り」の時代でした。学部卒業と同時に、都電荒川線で30分ほどのアパートに引っ越し、修士課程修了後、さらに北上して埼玉県境の4畳半一間へ引っ越すことになりました。引っ越すたびに部屋はどんどん小さく、安くなっていったわけです(笑)。

 その間にも、父親はすっかり転勤づいて、「1年おきに」といっていいくらいに引っ越しを繰り返していました。広島・山口を何度か行き来したあと、兵庫、大阪、奈良、和歌山、ついには瀬戸内海を泳いで渡って(これはウソ)四国は徳島にまで引っ越し人生を重ねていきました。

 おかげで、夏、お盆の季節に帰省しようとするたび、僕は実家がどこにあるかを知らず、帰る前の日に母親に電話を掛け、「うちどこ?」と聞かなければならないほどでした。たまたま僕の隣で会話を聴くともなく聞いていた人は、びっくりしたような顔で、まじまじと僕を見つめたものでした。

 実家の場所が次々と変わるのは、半ば奇妙な感覚であり、半ばは楽しくって仕方ありませんでした。帰省というよりは別荘への避暑旅行に近い感覚、といえばそれに近いでしょうか。

 まあ、とにかくそんなふうにして、僕の20代は通り過ぎていった。

続きを読む ≫

スポンサーサイト



HOME

「日本国憲法」

日本国憲法

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着情報

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「夢が試される場所」(12/11)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「16Daysのカウントダウン」(12/16)中国語訳が追加されました。2008-12-18 NEW

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)語注が追加されました。2008-12-18 NEW

「焼きうどん のち メランコリック」(12/17)中国語訳が追加されました。2008-12-17 NEW

「原点へ、原点から。」(12/15)語注が追加されました。2008-12-16 NEW

「夢が試される場所」(12/11)語注が追加されました。2008-12-11 

「夢の背中」(12/10)中国語訳が追加されました。2008-12-11 

プロフィール

一石亭華中

Author:一石亭華中
ようこそ、本ブログページへ。
一石亭は中国在住8年目を
迎えました。
でも中国語はまだ初歩の初歩。
趣味は「お仕事」と散歩、それに写真撮影。
あ、それからお昼寝も…趣味のうち、かも…。

YouTube今週のウタちか

凹んだとき、元気がでないとき、僕を支えてくれ、力づけてくれるウタを週替わりで紹介します。ちょっと古い歌が多いかも…ですが。今週も「ちょっと切ない歌」を。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

日本文学100選

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク