FC2ブログ

新・海辺の街のお話(第5回)

 「瀬川なら、元気だよ。たぶんね。彼はこの春から1年間の予定でカナダに留学してるから、僕も会ってはいないけどね。」

 そうなんですか、と呟くように―あるいは自分自身に向って何かを再確認するかのように―、シンシンは小さく答え、しばらくの間、フロントガラスの向こう側の一点を見つめていた。そして、重い沈黙が車の中に充満するその直前を見計らったかのように、シンシンはなおも固い笑顔を僕に向け、

 「耀子さんもご一緒なんでしょうね?」

と聞いた。けれどそこには、いかにもさりげなさを装った、という感じがありありと透けて見えた。

 シンシンの口から耀子の名前を聞いて、今度は僕の方がドキリとする番だった。僕は心の泡立ちを抑えるように、深く息を吸って答えた。

 「いや…、彼女とは、もう別れたみたいだよ。去年、シンシンが帰国したあとで…。知らなかった?」

 「…ええ」とうなずき、さらにシンシンは何かを言いかけた。しかし、彼女がすぐに思い直してその言葉を飲み込もうとしているのが、僕にもはっきりと分かった。それでもシンシンが再び顔を上げたときには、彼女のいつもの屈託のない明るい笑顔に戻っていた。その顔を僕に向けて、

 「なんとなく懐かしいですね、たった2年前のことなのに」とシンシンは言った。

 2年前か、と僕は思った。確かに、この手にとってその襞の隅々まで愛撫するにはあまりに遠い過去になってしまった時間。けれども、甘い感傷に満ちた遠い目で振り返るには、まだその生々しい記憶が僕の心の底で鼓動し続けている…何ともやりきれない中途半端な時間、それが僕にとってのこの2年間だった。

***

 僕たちを乗せた車は広大なキャンパスに沿った通りを走り、やがて正門にたどりつくと、ゆっくりと守衛の脇を通り抜け、アスファルトで舗装された真新しいゆるやかな勾配の道を登って行った。正門をくぐって3分ほどで、外事処のある国際交流学院棟に到着した。

 運転手の手を借りて、スーツケースを下ろし、シンシンが外事処の事務室に僕を案内しようとしたところで、建物の中から、恰幅のよい、いかにも大人(ダーレン)といった容貌の中国人が、右手を差し出しながら近づいてきた。

 「国際交流学院長の劉老師です」シンシンの通訳にゆったりとした笑顔で応えながら、「先生のご到着をお待ちしてましたよ。ようこそ本学へ」と中国語で僕に語りかけた。彼は、僕がたどたどしい中国語で自己紹介するのを鷹揚な笑顔で、ときおり(ちゃんと聞きとれた、とでも言いたげに)大きくうなずいては、この上ない親愛の情を示すかのように僕の肩を何度か叩いてみせた。そして、今日は旅の疲れもあるだろうから、早目に宿舎に案内し、他の教職員との顔合わせは明日にしよう、とシンシンに伝え、最後にもう一度ゆったりとした笑顔を僕に向けた。

 「謝謝。では、明日あらためてご挨拶を」

 僕は、劉処長に別れを告げ、僕にあてがわれている宿舎に向かうことにした。シンシンは、事務室で僕の宿舎のカギを受け取り、それ以外のおそらくは煩瑣な事務的処理をてきぱきと手際よくすませると、やはりスーツケースをどうしても僕に持たせようとはせず、3階の教員用宿舎まで僕を案内してくれた。

 そして、今夜の分のお湯の入ったポットやら、石鹸、タオルなどの洗面用具一式がバスルームに置かれているのを確認すると、

 「先輩、じゃ、明日また9時に来ますね」

というと、シンシンは僕に礼を言う間も与えずに、バイバイと手を振って帰っていった。

 

スポンサーサイト



再び、反省するサル。二足歩行の週末…。

 「一石亭日乗(科研プロジェクト版)」を開いてから、初めて、日記を書き落としてしまった昨日。
 ここのところ、生活のペース配分というか、心身の歯車というか、何かが微妙にズレてしまっていたのかもしれません。
 実は、昨日、突然昼の食事にお誘いを受け、白酒(もちろん雛祭り用の「しろざけ」ではありません)をいただいたこともあって、夜には何をする余力も残っていなかったのです。2日連続のお酒は、やっぱり体に堪えます。
 今日は、午前中、プリンターを買いに行き、午後からは配音比賽(アフレコ・コンテスト)1次予選の審査の予定。D老師指導による日本語科勢の頑張りに期待しています。

IMG_6108 (2) 


 人間は、反省するサル。

 でも最近の僕は反省するばかりで一向に進化していないような気もする。いやいや、今日こそは気をしゃんと取り直して二足歩行しよう。

続きを読む ≫

HOME

「日本国憲法」

日本国憲法

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着情報

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「夢が試される場所」(12/11)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「16Daysのカウントダウン」(12/16)中国語訳が追加されました。2008-12-18 NEW

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)語注が追加されました。2008-12-18 NEW

「焼きうどん のち メランコリック」(12/17)中国語訳が追加されました。2008-12-17 NEW

「原点へ、原点から。」(12/15)語注が追加されました。2008-12-16 NEW

「夢が試される場所」(12/11)語注が追加されました。2008-12-11 

「夢の背中」(12/10)中国語訳が追加されました。2008-12-11 

プロフィール

一石亭華中

Author:一石亭華中
ようこそ、本ブログページへ。
一石亭は中国在住8年目を
迎えました。
でも中国語はまだ初歩の初歩。
趣味は「お仕事」と散歩、それに写真撮影。
あ、それからお昼寝も…趣味のうち、かも…。

YouTube今週のウタちか

凹んだとき、元気がでないとき、僕を支えてくれ、力づけてくれるウタを週替わりで紹介します。ちょっと古い歌が多いかも…ですが。今週も「ちょっと切ない歌」を。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

日本文学100選

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク