FC2ブログ

俺たちの祭(Z君バージョン)

 ―00:20。午前様の帰宅は、久しぶりです。

 今日(正確には、もう昨日のことになってしまったけれど)は夕方6時半から「外国語学院〝金思杯〟外国語寸劇コンテスト」が行われ、僕も審査員として招かれました。フランス語学科1組、ロシア語学科1組、英語学科3組、それに日本語学科からも1組が参加して、いずれもなかなかに見ごたえのある寸劇でした。
 僕のフランス語は辞書を片手にうんうん唸りながら何とか本が読める程度だし、ロシア語に至っては「ズドラーストビチェ(すみません)」、「ウラー(やったー)」ぐらいしか聞き取れないから、すべての作品をどれだけ客観的に審査できたか、と聞かれると、まったく自信はありません。ただ言葉は通じなくても、舞台の演技は、それなりにきちんと鑑賞できたのではないか、と思っています。
 かなり昔の話になりますが、20代から30代の頃にかけて、僕は友人に誘われて、彼が出演する舞台劇を観に、よく出かけたものでした。そして、舞台がひけた後はきまって、僕は彼と酒を酌み交わしながらその日の劇について議論を交わす。彼にしてみれば、演劇の素人である僕の意見など噴飯ものだったに違いありませんが、それでも夜が更けるまで僕の支離滅裂な感想に友人は我慢強くつき合ってくれました。
 そういう意味では、劇の見方に関するかぎり、僕は今日会場に居合わせた観客の中で最も鍛えられている人間のひとりである、というささやかな(文字通りささやかな)自負の念をもっています。
 日本語学部の劇は、結果として2位でしたが、僕としては十分に納得できる内容でした。終わりの部分をもう少し劇的にまとめておけば、もっとよい成績がとれたと思いますが、それを抜きにしても、しっかり練習が行き届いたよい作品に仕上がっていたと思います(出演者の皆さんに惜しみない拍手!)。

 終劇後、出演者であるL・Z・Z君が打ち上げの宴席(Z君の誕生日の祝いも兼ねて)と聞き、それに合流。ビール瓶一気飲みの応酬で場が盛り上がり、とうとうこの時間の帰宅と相成りました。
 酒を飲みつつ、どんな話で盛り上がったかは…男同士の秘密、ということで(笑)。ただ彼らの名誉のため付け足しておくなら、卑猥な話は皆無。ひたすらに「青春一直線」のお話でありました。 まさに「
俺たちの祭」の世界です。



 おかげで、昨日の朝まで蓄積疲労による(?)眩暈まで起きていた自分がウソのように、スカッと気分快晴になれた夜でした。
 
 さあて、これでなんとかブログも書き継いだことだし、やっと安心してベッドにもぐりこむことができそう。

 
 ではでは、みなさん、おやすみなさい。いい夢を!




 


続きを読む ≫

スポンサーサイト



HOME

「日本国憲法」

日本国憲法

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着情報

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「夢が試される場所」(12/11)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「16Daysのカウントダウン」(12/16)中国語訳が追加されました。2008-12-18 NEW

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)語注が追加されました。2008-12-18 NEW

「焼きうどん のち メランコリック」(12/17)中国語訳が追加されました。2008-12-17 NEW

「原点へ、原点から。」(12/15)語注が追加されました。2008-12-16 NEW

「夢が試される場所」(12/11)語注が追加されました。2008-12-11 

「夢の背中」(12/10)中国語訳が追加されました。2008-12-11 

プロフィール

一石亭華中

Author:一石亭華中
ようこそ、本ブログページへ。
一石亭は中国在住8年目を
迎えました。
でも中国語はまだ初歩の初歩。
趣味は「お仕事」と散歩、それに写真撮影。
あ、それからお昼寝も…趣味のうち、かも…。

YouTube今週のウタちか

凹んだとき、元気がでないとき、僕を支えてくれ、力づけてくれるウタを週替わりで紹介します。ちょっと古い歌が多いかも…ですが。今週も「ちょっと切ない歌」を。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

日本文学100選

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク