FC2ブログ

マイペースで生きていくこと

 マイペース(1)で生きていくことは本当に難しい、と僕は折にふれて(32)思う。

 世の中には有形(2)無形(3)のルールや決まり事があって、僕たちはふだんその枠の中で暮らしている。僕だって、そういう暮らしを特別いやだと思っているわけではないし、守るべき約束事はちゃんと守って生きていきたい、と一応(4)は真面目に思いつつ(5)暮らしている。

 ところで、そういうルールの中には、法律もあれば、道徳・倫理などと呼ばれるものもある(41) 。これに逆らって(6)生きようとすれば、僕たちはそれなりの制裁(Sanction)―刑罰だとか非難だとかいろいろなもの―を覚悟しなければならない。また、それほど強い拘束力はないにしても、世間には、さまざまな形のルールが網(7)の目のようにはりめぐらされて(8)いる。慣習、習俗、習慣や世間の目、果ては(9)「常識」といった類に至るまで、全部をきっちり(10)守って生きていくのは、なかなかに気疲れ(11)することではある。それでも多くの人は、ちゃんと(12)その枠組み(13)の中で、文明的に生きている(ように僕には思える)。僕も、できることなら文明人であり続けたい。だから、世の中のルールを守って生活することはやぶさか(14)ではない。 

 でも、そういったものはいったいどこまで気にし(34)なければいけないのだろうか、と僕の中の「天の邪鬼」(15)が首をひねる(33)。とても卑近(16)な例で申し訳ないけど、僕が誰かと一緒に行動しているときには、よっぽど(17)気をつけない(35)と、僕はつい自分のペースで(ときには腕をぶんぶん(18)振って)早足(19)で歩いて相手を置き去り(20)(36)にしてしまいそうになるし、食事をしていても相手のペースに合わせて一緒に食べ終わる、というような芸当(21)がいつまでたっても身につかない(37)。そういえば、昔、友人たちがみんな就活(22)を始め、そして彼らが同じようなリクルートファッション(23)に身を包んだときも、僕にはそれがどうしてもできなかった…。おそらくがんばれば、僕にだって他の人に合わせて生きていくことだってできるに違いない。けれど、そうなればそうなったで、今度は僕の頭の中では「ルールを守る」ということそれ自体が最高命題となって、きっと今頃は手に負えない(38)(24)の小さな「原則主義者」になってしまっていたんじゃないかと思ってしまうのだ。 

 そういうわけで、僕は法に反しないかぎり(42)(一応、僕だって法学部出身だからね)、そして人に直接迷惑をかけないかぎり、マイペースで生きていこう、とある日、唐突に(25)決断した…。おかげで「変わってる奴(26)」と言われることもあるし、「まあ、あいつはああいうやつだからさ」とやんわりと(27)無視されることも多くはなったけれど。まさか、後ろ指をさされる(39)ほどではない(43)とは思うけれど、こればかりは人に聞いてみないと本当のところはわからない。

 

 本当に、マイペースで生きていくことは難しい。でも、これ以外の生き方は僕にはとてもできそうもない。

 なぜか今日の午後は、温かいミルクティを飲みつつ、霜月(28)のしめやか(29)な雨音(30)に耳を傾けて(40)は、そんなことばかりぼんやり(31)と考えていたりして…。ま、いいか。

続きを読む ≫

スポンサーサイト



HOME

「日本国憲法」

日本国憲法

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着情報

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「夢が試される場所」(12/11)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「16Daysのカウントダウン」(12/16)中国語訳が追加されました。2008-12-18 NEW

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)語注が追加されました。2008-12-18 NEW

「焼きうどん のち メランコリック」(12/17)中国語訳が追加されました。2008-12-17 NEW

「原点へ、原点から。」(12/15)語注が追加されました。2008-12-16 NEW

「夢が試される場所」(12/11)語注が追加されました。2008-12-11 

「夢の背中」(12/10)中国語訳が追加されました。2008-12-11 

プロフィール

一石亭華中

Author:一石亭華中
ようこそ、本ブログページへ。
一石亭は中国在住8年目を
迎えました。
でも中国語はまだ初歩の初歩。
趣味は「お仕事」と散歩、それに写真撮影。
あ、それからお昼寝も…趣味のうち、かも…。

YouTube今週のウタちか

凹んだとき、元気がでないとき、僕を支えてくれ、力づけてくれるウタを週替わりで紹介します。ちょっと古い歌が多いかも…ですが。今週も「ちょっと切ない歌」を。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

日本文学100選

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク