FC2ブログ

お知らせ+報告かたがた

本ブログ開設から、やっと2週間が経過しました。

まだまだ五里霧中の「初期段階」、試行錯誤の出たとこ勝負――の真っただ中にいます。

 

「日本語の初中級学習者には、こういう配慮があった方が親切では?」というH老師からのアドバイスを参考に、ブログ日記の本文中に注番号をつけ、文末に【語注】を載せてみることにしましたいかがでしょうか(昨日分から)。

 

ちなみに、この「語注」は、本科読者ボランティアと院生グループが作成してくださっています。まだ語注作成に参加したことのない方でも、自分で調べた単語、表現などをコメント欄に書きこんで送ってくださるだけでいいので、とても簡単です。ぜひご参加を^^。 

 

※院生グループの皆さんには、後輩のために「任務」として作成をお願いしています。院生の方、責任重大ですので、できるかぎり速やかに作成のほどを。どうかよろしく!(笑)

そういう「舞台裏」になっている関係上、このブログ日記は、まずまっさらの僕の文章が載り、それに対するコメントととして語注が送られてきた段階で、「注釈つきのブログ日記」修正版へと進化することになります。ですから、前に読んだときとは、一風違った内容があとで加わることも多いので、復習を兼ねて過去の日記もたまには読み直ししてみてくださると、うれしいです。

 

他にも、こういう工夫があるといいな、というご意見ご要望があれば、どしどしコメント欄にお寄せ下さい。対応可能なかぎり改善に努めますので、どうぞご遠慮なく。

 

また、これまで「管理者のみ閲覧可」にチェックを入れてメール形式でコメントをくださっていた方にお願いです。「これ、本当に内緒話」というもの以外は、公開コメントにご投稿くださるよう、ご協力をお願いいたします。本名ではなくペンネームを使用していただいて結構ですし、メールアドレス等は不要ですので、どうぞよろしく。

 

以上、とりあえずお知らせ+報告かたがた、お願いあれこれ。へへへ。

 

一石亭敬白

 

IMG_5428 (2) 

この花の心を君に伝えたい

 

スポンサーサイト



新ブログ開設通知

1 学内向け通知

10月4日に新ブログを開設しました。その趣旨については、10月4日付の「巻頭の辞」をご参照ください。そこでも申し上げましたように、このブログは、本学の「科研プロジェクト」として企画・運営されています。本科上級生と研究生の皆さんには、全員参加をお願いしています。

【参加の仕方】
1 ブログの閲覧…ブログは原則として毎日更新しますので、みなさんも毎日1回はアクセスして記事をお読みください。
2 コメント書きこみ…最低週に1回のペースでコメントを書きこんでください。内容は原則として自由ですが、ブログ本文にかかわるものであるほうが望ましいです。

ブログの書き込みに当たっては、本名でなくペンネームを使用してもかまいません。ただし、ペンネーム使用の場合は、あらかじめ、管理人(一石亭)までご一報ください。メールアドレス等については記載する必要はありません(任意)。

※皆さんの個人情報は、本ブログ管理以外の目的に利用することはありません。プライバシー保護にも細心の注意を払っています。 


2 一般向け(卒業生を含む)通知

卒業生をはじめ本ブログに関心を持っていただける方にも、ぜひプロジェクトへの参加をお願いしております。ご参加いただける場合、最初のコメントの際に、
 ①ペンネーム
 ②日本語学習歴(できれば、卒業生は卒業校名、在学生は大学名および学年)
 ③その他簡単な自己紹介
 ④メールアドレス 
を書きこんでいただけると幸いです。 

すべてのコメントに、できるだけ早くお返事コメントと、ご希望があれば添削文をお返しします。
また、本プロジェクトは皆さんと一緒に作るブログを目指していますので、質問のほか、気がついた点、改善案なども、ぜひお寄せください。

巻頭の辞

 このブログは、中国・華中師範大学「校級2008年教学研究プロジェクト」の一環として作成・運営されるものです。
 時代の変化、科学技術の進化、あるいは社会環境の高度化の波といったものは、あらためて言うまでもなく、日本(語)教育の現場にも押し寄せています。とりわけコンピュータのユビキタス化現象は、従来の異文化教育の在り方を大きく変えようとしています。今や、マウスのクリック一つで世界のさまざまの情報がたちどころに手に入り、国境を越えてコミュニケーションを行うことができる時代です。
 そういう時代だからこそ、ひとりの教員として、教室という限られた時空の枠を取り外し、もっと自由に、そしてもっと緊密に学生とコミュニケーションをとることのできる「可能性」を探っていくことが今求められているように思います。
 ブログという情報の発信形態は、そうした時空上の自由性だけでなく、一定の双方向性も兼ね備えており、使い方次第で、学生との柔軟な意思疎通手段として、また異文化教育の支援システムとしても大変有効なものとなりうるのではないでしょうか。
 そうした「可能性」を手探りするための、ひとつの試みとして、本プロジェクト构建利用网络的教学辅助系统」をスタートさせたいと思います。
 なお、本プロジェクトは試行錯誤の連続となることが十分に予想されます。読者の皆様を含め本プロジェクトに(直接であると間接であるとを問わず)ご参加くださる皆様の寛恕をお願いする次第です。多くのご意見、ご指摘をいただければ幸いです。

                                 プロジェクト負責人 一石亭

 

(参考)

关于公布2008年教学研究立项项目的通知

来源:校教务处 发布时间:2008年9月23日

   各院(系): 经教师申请、院(系)推荐、校教学委员会评审、学校审核,我校2008年教学研究立项项目已经确定,同意……22个项目为我校2008年校级教学研究立项项目。

附件2:

立项编号 2008010

项目名称 构建利用网络的教学辅助系统

HOME

「日本国憲法」

日本国憲法

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着情報

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「夢が試される場所」(12/11)中国語訳が追加されました。2008-12-20 NEW

「16Daysのカウントダウン」(12/16)中国語訳が追加されました。2008-12-18 NEW

「お風呂を買ってルンルンしよう」(12/18)語注が追加されました。2008-12-18 NEW

「焼きうどん のち メランコリック」(12/17)中国語訳が追加されました。2008-12-17 NEW

「原点へ、原点から。」(12/15)語注が追加されました。2008-12-16 NEW

「夢が試される場所」(12/11)語注が追加されました。2008-12-11 

「夢の背中」(12/10)中国語訳が追加されました。2008-12-11 

プロフィール

一石亭華中

Author:一石亭華中
ようこそ、本ブログページへ。
一石亭は中国在住8年目を
迎えました。
でも中国語はまだ初歩の初歩。
趣味は「お仕事」と散歩、それに写真撮影。
あ、それからお昼寝も…趣味のうち、かも…。

YouTube今週のウタちか

凹んだとき、元気がでないとき、僕を支えてくれ、力づけてくれるウタを週替わりで紹介します。ちょっと古い歌が多いかも…ですが。今週も「ちょっと切ない歌」を。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

日本文学100選

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク